弊社提携ニット工場スタッフと、ニット製品について勉強会を行いました
ニットに携わる社員が少ない中、「色数使いや編み方などで風合いがガラリと変わる事」、「素材によっても肌触りが全く異なる事」などニットの奥深さを感じました
一般的にはマフラーやセーターのイメージが多いと思いますが、同じマフラーでも「新幹線の形」にしてしまったり、「ペットボトルやマグカップのカバー」にしてしまったりニットの暖かを引き立たせる発想の転換は見習わなければならないと思いました
しかし、説明を聞いている内に「こんなものは?」「あんなものは?」と意見が出てきました。
今度はそれぞれの発想で、他に無いご提案をして参りますので宜しくお願い致します。
こんな形のニットがほしい、オリジナル柄のニットが欲しい・・・ とにかくご相談下さい。
斉藤商事が全力でご提案させていただきます

  • すご~い!! 新幹線だぁ~!(^^)!
  • これ何だかわかりますか?
    トイレットペーパーのカバーです(^^)