創業から一世紀、2015年4月に百周年を迎えられた雲仙富貴屋様
雲仙八万地獄の正面に位置し、昭和レトロなデザインのロビーやレストランなど館内各所から地獄を望むことができる、ロケーション抜群のお宿。
富貴屋様は何よりも宿泊客とのコミュニケーションを大切にされ、手作りのニュースレター「風季だより」を発行し、四季折々の雲仙と島原半島の魅力を伝えたり、楽しいイベントを催したりと宿泊客の心をつかむ心温まるおもてなしが満載です。
富貴屋様に導入いただいたユニフォームは「シャンタン」と呼ばれる平織物の作務衣です。
紬のような地模様の作務衣は、雅やかな和の息吹を感じさせ、それは貴屋様から溢れ出る魅力を漂わせる、懐かしくて新しいユニフォームです。
また、ユニフォームの背中には、スタッフの想いを漢字一文字で表現したワッペンが付けられています。
個人名を刺繍するのではなく、あえて一文字で想いを表現されているのは、奥ゆかしさの中にも凛とした熱い心を感じさせます。
雲仙富貴屋様に訪れたら、是非スタッフの想いをお尋ねになってみて下さい。

雲仙富貴屋様
〒854-0696
長崎県雲仙市小浜町雲仙320
TEL 0957-73-3211

雲仙富貴屋様ホームページはこちら